チームワークの重要性

病院で仕事をする場合には、患者さんの事を常に考えたサービスの提供を意識する事が大切です。しかし、チーム全員が看護についての情報を共有できていない場合には、重大なミスが起こってしまう可能性があります。このようなミスが続いてしまうことによって、患者さんからの信頼を失ってしまうだけでなく、場合によっては患者さんの命に関わる重大な事故に繋がってしまう恐れもあるのです。

こうした医療に対するミスを防ぐためには、看護師同士で常に良いチームワークを作っておく事を心がけ、必要な情報をすぐに共有する事ができる環境を整えておく事が大切だと言えるでしょう。常に看護師同士でコミュニケーションが取れている職場であれば、患者さんの容態が急変してしまった場合に、チームで適切な医療を行う事が出来るようになります。また、それぞれの患者さんの病気の症状や性格などを情報交換しておくことにより、緊急時には医師への引継ぎを行う事もより容易になるのです。

普段から一緒に働く仲間としっかりコミュニケーションをとっておく事によって、自分が仕事に関して困っている事などを相談する事が出来るようになります。また、相手が困っている事や悩んでいる事があれば、積極的に相談に乗ってあげるようにする姿勢も大切です。一人一人が雰囲気の良い職場を作る事を心掛けることによって、医療スタッフのみならず患者さんにまでいい影響が及ぶのです。お互いを思いやる心がないと、医療の仕事は勤まらないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です