看護師という仕事のやりがい

看護師は仕事を通して医師・同僚・患者さん・その家族と関わることになります。毎日多くの方と接する仕事で、一人一人の患者さんに適した対応をする、とても重要な役割を担っています。主に患者さんの病気、身体の状態を、医師、家族と共用するための、サポート役となる仕事です。的確な説明、アドバイスが求められ、治療の知識も必要になります。その柔軟な対応を身につけるには、経験を積まねばなりません。

看護師の仕事は、夜勤がある病院であれば基本的に交代制なので、同僚との情報共有が必要になります。その場合も、情報が洩れることなく引き継がなければならないので、同僚とのコミュニケーションが重要になってきます。情報共有の中で、患者さんの症状の変化に気付くこともあり、看護師の意見が医師の診察・治療に影響を及ぼすこともあります。

医師からの説明が分からない時に、誰もが心の支えとなるのが看護師です。どのぐらいの入院期間になりそうなのか、症状は良くなっているのかなど、医師には相談しにくいことが、看護師には聞きやすかったりします。たくさんの医療知識を得て多くを経験し、患者さんの状況に応じて解決策を見つけていくことは、他の職業では経験できないことであり、やりがいと生きがいを与えてくれるでしょう。

看護師は、医師と比較して患者さんとその家族寄り添ってあげることができます。人の心を支えるという大変重要な役割を持つ看護師の方たちは、自分の仕事にもっと誇りをもってもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です