仲間意識を育む方法

看護師は、世間では白衣の天使のイメージを持たれることも珍しくはありません。清く、正しく、包容力があって、おとなしくて、優しい。いくつかは、間違っていないかもしれません。しかし現実の看護師は、結構気が強くてアグレッシブな人が多いように思います。その理由として、看護師は人の生命を扱う責任の重い仕事であるから、おとなしくて優しいだけでは勤まる仕事ではないからでしょう。

新人の時はおとなしく、優しい、おっとりとしてた人も、勤務年数が経って職場で揉まれてくると、気が強いアグレッシブな人へと変わっていくというケースもあるでしょう。そこで問題となってくるのが人間関係です。気が強い者同士が集まると、必ずどこかでぶつかりあいが起きてしまいます。特に女性が多い職場ですから、一度人間関係が悪くなってくると、どんどん悪化して取返しのつかない状況になってしまう場合もあります。

職場で良好な人間関係を保つためには、どのような工夫をすればよいでしょうか。おすすめなのが、仕事以外の交流を持つことです。どうしても仕事をしている上では緊張感があるので、気を許して仲良くなれるきっかけが少ないですが、例えば定期的に職場の交流会が開かれれば、仕事の時とはまた違う穏やかな交流が持てることでしょう。気を許しあって話ができる関係になっていれば、仕事で意見があわなかった時にでも、譲り合えるようになるかもしれません。大切な認識は、同僚は敵ではなく仲間であるということです。わかりあって仲良くしたほうが、仕事もやりやすくなるはずです。仲良くするには努力が必要です。仕事以外の交流を持つのは面倒だと感じるかもしれませんが、たった一度だけの交流でも、きっとよい効果をもたらしてくれることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です